生命保険・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険会社が何を今さら・・・


生命保険各社の不払い調査をしている中で、名義借り契約や架空契約など、
不正契約が多数見つかったということで、またしても行政処分を下されそうなのですが、
とある新聞では生命保険会社のモラルの低下についても言及しておりました。


 生命保険各社による不払い調査の過程で、営業職員が知人の名前を使う名義借り契約や、実在しない人物の契約を作り上げる架空契約など不正契約が多数見つかったことが21日、分かった。最大手の日本生命では、01年4月~06年3月の期間を対象に、契約者に解約返戻金などが支払われていない約75万件を調査したところ、「営業職員に頼まれて名前を貸した」など実体のない契約事例が確認された。同様の不正行為は他の生保でも見つかっており、金融庁は事実関係を確認したうえで行政処分を行う見通しだ。

続きを読む
スポンサーサイト

生保不払い全38社で44万件、359億円!?


生命保険会社の大半が期限までに調査をし終えていない段階で、
金融庁は生命保険業界全体の不払い状況を明らかにしましたが、
それでもトンデモない数字が計上されていて、さらにこれからもっと増えていくのですから、
損保業界も生命保険業界も同じ穴のムジナ、拝金主義ことここに至れりという気がします。


 金融庁は19日、生命保険各社による過去5年間の保険金不払いが、国内の全38社合計で44万件、359億円に上ったとする調査結果をまとめ、自民党の金融調査会と財務金融部会の合同会議に提出した。
 生保各社が13日に金融庁に報告した調査結果を集計した。業界全体の不払い状況が明らかになったのは初めて。日本生命保険など主要12社では26万件、269億円に達する。大半の生保は期限とされた13日までに調査を終了していないため、件数や金額がさらに膨らむのは確実だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070419-00000089-jij-pol


Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。