株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資するなら実物を自分の目で確かめましょう!


投資による儲け話の詐欺はいつの時代にでも存在するのですが、
出資する方がアホなのか、仕掛ける側の技術が巧みなのか、
遭ったことがないので何とも言えませんが、投資すれば1年で倍になるということは、
年利にして100%になるという計算ですね・・・。


 東京都台東区の投資会社「ワールドオーシャンファーム」(黒岩勇会長)が、フィリピンでのエビの養殖事業に投資すれば2倍になるなどと偽って、全国の出資者から多額の現金をだまし取っていた疑いが強まり、警視庁生活経済課は31日にも、詐欺容疑で同社本社などの捜索に踏み切る方針を固めた。

 同社は2001年からの約6年間で約4万人の出資者から約600億円を集めたとみられ、同課は、このうちエビの養殖に投資したのは一部だけで、大半は出資者への配当に回す自転車操業を続けていたとみて追及する。

続きを読む
スポンサーサイト

株価は「織り込みずみ」以上に下落しそうな予感が・・・


世界同時株安で先週末を終えたと思っていたら与党の惨敗。
経済政策はもちろん、政策全体がマヒしてしまう可能性が大なので、
株価が下落するのは当然と言えば当然なのですが・・・。


週明け30日の東京株式市場は、前週末の世界同時株安の流れを受け継ぎ、下げ幅が100円を超える続落で始まった。
 日経平均株価は前週末終値比145円28銭安い1万7138円53銭で取引を開始。東証1部全銘柄の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は同14.40ポイント安の1685.31。

続きを読む

米国株式市場の下落はどこまで?


サブプライムローン(信用度の低い借り手向け住宅ローン)問題がいよいよ露呈したというか、
ニューヨーク株式市場の株価を押し上げてきたのは安易な与信でにもあったのでは?
2月の世界株安以来の下げ幅となりましたね。


26日午前のニューヨーク株式市場は、米国内で急増している住宅融資の焦げ付き問題で、金融機関などの経営が圧迫されかねないとの懸念が強まり、株価が急反落し、ダウ平均株価(工業株30種)は午後0時半すぎ(日本時間27日午前1時半すぎ)、前日より300ドル以上も下落した。

続きを読む

野村HDが米住宅ローンで726億円損失でも大幅増益


アメリカの住宅ローン、サブプライムローンの焦げ付きが12兆円と聞いて驚きましたが、
野村HDが絡んでいるとはもっと驚きでした。
ひょっとして他の証券会社や銀行なんかも手を出している可能性があるのではないでしょうか。


 証券最大手の野村ホールディングスは25日、米国での住宅ローン債権を担保にした証券事業で、1月から6月までの半年間に726億円の損失を出したと発表した。

 大半が低所得者向け住宅融資「サブプライムローン」に絡む損失で、野村は住宅ローン関連事業からの撤退など、米国での大幅な事業見直しを検討する。

 日本の金融機関が同ローンの焦げ付きでの損失額を公表したのは初めてだ。

続きを読む

三越と伊勢丹が資本提携の交渉を始める


百貨店業界では大丸と松坂屋の経営統合が大きな話題となりましたが、
今度は三越と伊勢丹の資本提携での交渉に入っているそうです。
業界4位と5位の三越と伊勢丹ですが、話が進んで経営統合ともなれば、さらなる再編が・・・。


三越<2779.T>と伊勢丹<8238.T>が資本提携で交渉に入っていることが分かった。関係筋が25日、明らかにした。
  関係筋によると、両社は経営統合も視野に入れており、統合が実現すれば売上高約1兆6000億円の業界首位グループになる。

続きを読む

円とドルの立場が逆転していく!?


国際決済銀行(BIS)が日本に対して、景気回復下の円安は「明らかに異常だ」と懸念を表明し、
利上げ政策を進める必要性を強調していました。
またアメリカのサブプライムローンの焦げつきが12兆円にも上るなど、
円とドルの関係性に変化の兆しが出てくるような・・・。


外国為替市場で、円・ドル・ユーロの“三角関係”に変化が出てきた。これまでは円が対ドル、対ユーロで売られる独歩安が続いてきたが、23日の東京外為市場では、米国での高金利型(サブプライム)住宅ローンの焦げ付き問題の再燃を嫌気したドル売りが広がり、急激な円高ドル安が進行。これに連れて円高ユーロ安も進み、これまでとは逆に円が買われる展開となった。3通貨の関係が変化するなか、これまでの円安局面から円高局面へと転換する可能性も出てきた。

続きを読む

村上世彰に実刑!懲役2年、追徴金11億円!!


証券取引法違反の罪に問われている村上世彰の判決公判がありました。
インサイダー取引の罰則規定は、
これまで「3年以下の懲役または300万円以下の罰金(法人は3億円以下)」でしたが、
昨年成立した金融商品取引法では上限が「懲役5年、罰金500万円(法人は5億円)」に引き上げられ、
さらなる罰則強化が進んでいる最中、村上世彰に下された判決とは・・・。


ニッポン放送株のインサイダー取引事件で、証券取引法違反の罪に問われた村上ファンド元代表、村上世彰被告(47)の判決公判が19日、東京地裁で開かれた。

続きを読む

英ポンドが高騰!日本人が悲鳴を!!


英消費者物価指数(CPI)が事前予想を上回ったことで、
英国の追加利上げ期待が高まっていることや、
サブプライムローン(信用度の低い借り手への住宅融資)問題の広がりが懸念されている米ドルが売られています。


ロンドン外国為替市場で17日、英ポンドの対円相場が上伸し、一時16年ぶりに1ポンド=250円を突破した。日英両国の金利差が、ポンド相場上昇の背景。

続きを読む

トヨタがついにフォードを抜きましたね


トヨタが上半期、米国内の自動車販売数でフォードを抜きました。
日本人としては単純に嬉しいと思える出来事ですが、
果たしてこれから先を考えるとただ単純に喜んでいていいものなのか・・・


米調査会社オートデータが3日発表した2007年上半期(1~6月)の米国内新車販売によると、トヨタ自動車の販売台数が米フォード・モーターを追い抜き、上半期として初めて2位に浮上した。

 首位は米ゼネラル・モーターズ(GM)だった。

 フォードは販売台数の前年割れが続いており、年間でもトヨタが2位に食い込むとの見方が強まっている。

続きを読む
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。