株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューヨーク市場ダウ工業株30種平均が・・・


米財務省と金融当局が、資産劣化が深刻な連邦住宅抵当金庫(ファニーメイ)と、
連邦住宅貸付抵当公社(フレディマック)に対し支援措置を講じると発表しましたけど、
具体的にどのような支援措置を講じるのかまでは言及されていません。
それでは米国金融システムの不安感は増幅するだけで、売りが膨らむのも当然です。


 15日の米株式相場は、信用不安に加え、米景気の不透明感を強調したバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を嫌気して3営業日続落し、ダウ工業株30種平均は前日終値比92.65ドル安の1万0962.54ドルと、終値ベースでは2006年7月以来2年ぶりの安値で引けた。

続きを読む
スポンサーサイト

日銀の白川総裁が日本の経済は減速との見解を示す


サブプライムローン問題は山を越したというようなことをブッシュ大統領が言っていましたが、
そんな世迷いごとを信用する人はほとんどいないのではないでしょうか。
任期切れが間近ゆえ、北朝鮮のテロ指定国家解除やこういった発言も含め、適当極まりない感じがします。
そんな中、日銀の白川総裁が景気停滞に言及しています。


 白川総裁は、国際金融資本市場について「米サブプライム住宅ローン(信用度が低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発した不安定な状況が続いている」と指摘。米国についても「経済は停滞しており、金融市場・資産価格・実体経済の負の相乗作用が、いつ、どのように収束に向かうのか、不確実性が大きい」と警戒姿勢を崩さなかった。

続きを読む
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。