FX相次ぐ脱税が人気の証拠?・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX相次ぐ脱税が人気の証拠?


FXが大流行の兆しを見せているようですが、皮肉にも先日FXで得た利益約4億円を隠し、
約1億3000万円を脱税していた主婦を、東京地検が所得税法違反罪で在宅起訴したことで、
FXがそんなに儲かるならということで始めた人も多いようです。


 活況を呈している外国為替証拠金取引(FX)市場だが、利益を税務申告しない個人投資家が後を絶たない。FXを取り扱う大半の業者に、国税当局へ取引記録の提出義務がないことが脱税の温床となっており、申告を投資家の自主性に任せているのが現状という。

 FXは平成10年の外為法改正で誕生した金融商品。元手(証拠金)の数倍から数百倍の米ドルや欧州ユーロなどの外貨を売買し、為替変動により利益が得られる仕組み。リスクが大きい半面、大きな利益も狙える点が投資家に受けている。

 FXには業者が独自に取引する「店頭取引」と、東京金融先物取引所が開設した市場「くりっく365」での取引がある。「くりっく365」に加盟している業者は税務署への取引履歴書類の提出義務がある一方、全体の約9割を占める店頭取引は提出義務がない。

 このため、税務申告は個人投資家の自主性に任せるしかなく、国税当局が個別の取引実態を把握するのは困難なのが実情という。ある税理士は「相続税の調査で海外取引などによる利益が発覚し、脱税が判明するのがやっと。進歩する金融商品に法律が追いついていない」と指摘している。

(引用:iza


個人的な考えを言うと、FXは確かに取引実態が見えにくく、脱税しやすいと思います。
でも、国としてそういった状況を看過するはずはなく、何らかの策を講じるでしょうし、
発覚した場合の厳罰などということも考えられます。その意味でも自主申告された方が賢明ですよ。

【FX完全攻略!簡単サインのスウィングトレード!(動画付き)】

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。