日本銀行に7億枚眠る2千円札・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本銀行に7億枚眠る2千円札


日本銀行にまた疑問が湧くような話なのですが、
2千円札をほとんど?まったく見なくなったと思っていたら、ほとんどが日本銀行に眠っているとか?
故・小渕首相が沖縄サミットや2000年を機に鳴り物入りで発行されたのに、
日本銀行で眠らせても宝の持ち腐れということになると思うのですが・・・。


 日本銀行が在庫として保管している2千円札が2006年度末で約7億2405万枚と、00年度の導入以来最高となった。

 これまでに製造された8億8000万枚のうち、06年度末の流通枚数は約1億5595万枚で、残る8割以上が日銀の金庫に眠っている計算だ。

 2千円札は西暦2000年や沖縄サミット開催をきっかけに、00年7月に発行された。当時はハイテク技術を駆使した偽造防止のほか、少額支払いが便利になると期待された。

 しかし、当初はほとんどの現金自動預け払い機(ATM)や自動販売機で使えず、スーパーなどでも他の札と間違いやすいと敬遠された。導入初年度の00年度末の流通枚数は約1億2420万枚と、製造枚数(当時7億7000万枚)の16・1%にとどまった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000401-yom-bus_all


沖縄では2千円札というのは普通に見ることができると、以前報道番組で見たことがあります。
せっかく発行したのですから、流通させればいいと思うのですが・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。