金融情報業界、欧米メディアで再編?ロイターと加トムソン経営統合・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金融情報業界、欧米メディアで再編?ロイターと加トムソン経営統合


英国金融情報大手ロイターグループの経営が不安定であることは以前から言われていましたが、
まさかカナダのトムソンが買収するとは思ってもみませんでした。
金融情報業界は国境を超えて再編の動きへと発展していくのでしょうか。


 カナダの総合情報会社トムソンと英金融情報大手ロイター・グループは15日、経営統合で合意したと発表した。新会社名は「トムソン・ロイター」。金融情報部門では米ブルームバーグを抜き世界最大となる見通しで、欧米メディアの業界再編がいっそう激しくなりそうだ。
 新会社の最高経営責任者(CEO)に就任するロイターのグローサーCEOは声明で、「統合によりけた外れの世界的な情報提供会社が誕生する」と強調した。

 統合はトムソンがロイターを87億ポンド(約2兆1000億円)で買収する格好となり、株式交換と現金交付の組み合わせで実施。主力の金融部門の名称は「ロイター」で、トムソンの法規や科学などの情報部門は「トムソン・ロイター・プロフェッショナル」とする。新会社の売上高は120億ドル(約1兆4400億円)、従業員数は約4万9000人に達するという。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070515-00000119-jij-int


英国BBC放送の役員が、ロイターの金融情報機関としての役割が終わったと言っていたとか、
やはり国を代表する世界的企業ゆえに他社とは言え、誇りを持っているのでしょうね。
HOYAとペンタックスの経営統合など吹き飛んでしまいそうなニュースでした。

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。