生命保険会社が何を今さら・・・・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生命保険会社が何を今さら・・・


生命保険各社の不払い調査をしている中で、名義借り契約や架空契約など、
不正契約が多数見つかったということで、またしても行政処分を下されそうなのですが、
とある新聞では生命保険会社のモラルの低下についても言及しておりました。


 生命保険各社による不払い調査の過程で、営業職員が知人の名前を使う名義借り契約や、実在しない人物の契約を作り上げる架空契約など不正契約が多数見つかったことが21日、分かった。最大手の日本生命では、01年4月~06年3月の期間を対象に、契約者に解約返戻金などが支払われていない約75万件を調査したところ、「営業職員に頼まれて名前を貸した」など実体のない契約事例が確認された。同様の不正行為は他の生保でも見つかっており、金融庁は事実関係を確認したうえで行政処分を行う見通しだ。

 名義借り契約や架空契約は、保険料の立て替えなどを禁じた保険業法に違反する。関係者によると、営業職員がノルマ達成や成績を水増しするため、知り合いから名義を借り、自腹で保険料を支払う事例などがあったという。以前から常態化しており、「1000件に1件の割合で発生していた」(大手生保)とされるが、保険料の支払いが滞るなどしなければ発覚しにくいうえ、解約・失効した場合の返金手続きを熱心に行っていなかったことから、正確な実態は把握されていなかった。
 しかし、今回の一斉不払い調査で、解約・失効した契約者を追跡調査した結果、不正契約が相次いで確認されたという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070521-00000048-mai-bus_all


日本生命は誰がどういう調査をしたのでしょうか。
生命保険会社に関しては門外漢ですが、月のノルマを達成するための名義借り契約や架空契約など、
不正契約が常態化しているのを知らない人は少ないのではないでしょうか。
生命保険各社の内部調査は今後も続き、不正契約の実態が明らかになるのかもしれませんが、
何を今さらという感は否めません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。