三菱東京UFJ銀行に業務改善命令・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三菱東京UFJ銀行に業務改善命令


蓄財の流れが貯蓄から投資へと移行し、銀行での投資信託販売は急速に拡大しています。
そんな中、三菱東京UFJ銀行では、投資信託の不適切な販売や、
海外支店での不祥事などが相次いでおり、金融庁が業務改善命令を出すようです。


 金融庁は7日、投資信託の不適切販売や海外支店での不祥事などが相次いでいるとして、三菱東京UFJ銀行に対し来週にも業務改善命令を出す方針を固めた。

 不祥事防止のための内部管理体制を改善するよう促す。同行は昨年末、アメリカの監督当局から資金洗浄(マネーロンダリング)を巡って行政処分を受け、今年2月には取引先の不正への関与で金融庁から一部業務停止処分を受けた。

 金融庁と証券取引等監視委員会が今春に行った合同検査で、注文と違う銘柄の投信を顧客に販売するなど不適切な取り扱い例が約2年間で数十件以上見つかった。注文ミスがあった場合、監督当局に報告し、顧客の損失を補てんする必要があるが、複数の支店でこれを怠っていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070608-00000303-yom-bus_all


2005年に経営統合し誕生した三菱UFJフィナンシャル・グループですが、
統合はしたものの、グループの融合は進んでいないのでしょう。
それにしても不祥事はいつまで続くのでしょう・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。