ソニーが大台を割る!?・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソニーが大台を割る!?


前日のニューヨーク市場で一時、200ドルを超える値下がりとなり、
2日の東京株式市場は、世界的な株安の連鎖が止まらないことを嫌気したのでしょう。
朝から売りが先行する展開となり、
結局、日経平均<.N225>は前日比200円を超える大幅安となって引けましたね。

終値は前日比235円58銭安の1万7217円93銭で、
今年1月16日(終値1万7202円46銭)以来、約1カ月半ぶりの低水準ですヨ(汗)


欧米市場の下落や為替相場の円高進行を背景に、
自動車・ハイテクなど輸出関連株に売りが広がったワケですが、
その中で、今まで少しだけ持ち直してきたソニーが大台を割ってしまいました。

 ソニーが大幅安となり、下値支持線になるとみられた2月28日の急落時の安値6020円を下回るとともに、2月13日以来の6000円割れとなった。

 出遅れていたハイテク株の中でも、日本株をパッケージで買う海外機関投資家のニーズでコア銘柄として上昇してきた分、その反動が大きい状態となっている。1ドル=117円台まで進んだ円高が嫌気された格好。海外勢からの売りも観測されているほか、リバウンド狙いで買った個人など短期筋の投げ売りも出ていた。


世界同時株安に円高がこのまま進めば、
ソニーはまだしばらく低迷する可能性が高いかもしれませんね。

(引用:ライブドアニュース

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。