株安といっても、これはヤバイかも・・・・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株安といっても、これはヤバイかも・・・


米国の低所得者向け高金利型住宅ローン(サブプライムローン)焦げ付き問題が、
米国内のみならず、世界的な株安の連鎖を引き起こしています。
東京株式市場も昨年以来の安値をつけてしまいました・・・(汗)


 16日の東京株式市場は、前日の米株式相場の下落を受けて全面安の展開となり、日経平均株価(225種)は一時、前日終値比616円15銭安の1万5859円46銭を付け、今年に入っての最安値を更新した。

 1万6000円を割り込んだのは昨年11月29日以来、約8か月半ぶりだ。取引時間中の下げ幅としては今年3番目の大きさとなる。

 続いて取引が始まったアジアの主要市場でも株価が軒並み下落し、米国の低所得者向け住宅融資(サブプライムローン)焦げ付き問題をきっかけにした株安の連鎖に歯止めがかからない状態だ。

 日本銀行は16日午前9時20分、3日ぶりとなる資金供給に踏み切り、金融機関が資金を貸借する短期金融市場に4000億円を供給した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070816-00000103-yom-bus_all


金融機関が資金を貸借する短期金融市場に4000億円を供給したということですが、
焼け石に水のような気がします。株安といっても、これはヤバイかも・・・。

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。