米連邦準備制度理事会の公定歩合の引き下げの効果は一時的?・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

米連邦準備制度理事会の公定歩合の引き下げの効果は一時的?


ニューヨーク株式市場も大幅高となり、東京証券取引所も急反発しましたが、
米連邦準備制度理事会(FRB)の公定歩合の引き下げの効果は一時的なような気がします。


 米住宅ローンの焦げ付き問題に端を発した金融市場の混乱を沈静化するため、米連邦準備制度理事会(FRB)が17日、公定歩合の引き下げに踏み切り、米株価は反発して円高も一服した。

だが、「一時的な効果」との見方も根強く、市場が安定化するかは予断を許さない。市場が再び動揺すると「次の一手」が焦点となる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070818-00000069-mai-bus_all



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。