中国株式市場が日本を超えてもどうってことはない・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国株式市場が日本を超えてもどうってことはない


中国株式市場に上場する企業の時価総額が、日本の株式市場のそれを上回ったとのこと。
北京オリンピック、上海万博くらいまでは別に予定通りのような気もするのですが?


  29日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、株式市場に上場する企業の時価総額で、好景気が続く中国(香港含む)が日本を上回ったと報じた。中国経済の躍進ぶりが改めて示された形。

 香港に本部を置く証券会社CLSAのフレイザー・ハウイー氏の試算によると、28日の終値ベースで中国市場の時価総額は4兆7200億ドル(約542兆8000億円)、日本は4兆7000億ドル(約540兆5000億円)だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070829-00000233-jij-int


時価総額といっても、中国の株式投資の実態はほとんどがギャンブルなのであって、
それによって時価総額が日本を超えたからといってもどうってことはないと思います。
少なくとも中国の食品会社に投資しようとは思いません。

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。