サブプライムローンの落とす暗い影が・・・・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブプライムローンの落とす暗い影が・・・


サブプライムローンの焦げ付き問題が世界の経済に暗い影を落とし始めている中、
本家本元のアメリカではメリルリンチが最大規模の損失を出しました。


 米証券最大手のメリルリンチは24日発表した7~9月期決算で、低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)関連の資産評価損79億ドル(約9006億円)を計上した。純損失は22億4100万ドルとなり、6年ぶりに赤字に転落した。米大手金融機関が計上したサブプライムローン絡みの損失としてはシティグループの64億ドルなどがあるが、メリルの損失79億ドルは最大規模。

 5日発表した評価損の計上見通しでは約45億ドルとしていたが、大幅に拡大した。サブプライムローン関連の証券化商品の評価が難しい上、同じ証券化商品に組み込まれたことで、サブプライム以外の住宅ローンの評価損まで膨らんだ形だ。

 同社は4~6月期には21億3900万ドル、前年7~9月期も30億4500万ドルの純利益を計上していた。

 オニール会長兼最高経営責任者(CEO)は「サブプライム問題の影響は予想以上だった」と述べ、「不動産関連商品に絡む市場の状況は今後も不透明だ」と見通しを示した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071024-00000170-mai-bus_all


サブプライムの焦げ付き問題はまだ収束した訳ではないし、
これから悪化の一途をたどると予想されます。
「今後も不透明」などという発言がすべてを物語っているのでしょう。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。