国内最大のカード・信販グループが誕生!・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内最大のカード・信販グループが誕生!


カード・信販会社は利息制限法の年20%の上限金利を超える過払い利息の返還請求の急増などで、
業績不振が続いているのはいずこも同じで、三井住友FGであっても変わらないでしょうし、
特にサブプライム問題で抱えている火種は、これからまだくすぶり続けていくと思われます。


 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、傘下の三井住友カードと流通系大手のオーエムシー(OMC)カード、信販大手のセントラルファイナンス、クオークの4社の経営統合に向け、最終調整に入ったことが28日、明らかになった。来年3月にも統合する方向で、三菱UFJニコスを抜き、国内最大のカード・信販会社が誕生する。

 改正貸金業法の改正で貸出金利の上限が引き下げられるなど経営環境が悪化しているため、グループのカード、信販会社の経営を統合して事業基盤の強化につなげるのが狙い。それぞれのブランドは残す見通しだ。

 三井住友FGは昨年、セントラルファインナンスの増資を引き受けたほか、OMC株をダイエーから取得するなど、法人向けの貸出が伸び悩む中でグループのノンバンク戦略を強化していた。

 カード・信販会社は貸金業法の改正で過払い利息の返還請求が急増するなど業績不振が続いている。グループ4社の統合で規模を拡大し、競争力を一気に高める。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080228-00000933-san-ind


銀行系だとは言っても、カードキャッシングするという点ではサラ金と何ら変わりありません。
最近では主婦をターゲットにしたレディースローンなるものまで出現していますが、
結局はお金を貸す相手を弱者に定め、体よくレディースという名称を使ってソフト感を演出しているだけです。
いずれにしても他人からお金は借りないよう最大限努力するのが一番です。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。