ドル安・円高・株安のスパイラル・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル安・円高・株安のスパイラル


サブプライムローン問題で米国の金融システム全体が危機に瀕しています。
ドル安の流れは止まるところを知らずに、ドル安・円高と株安のマイナスのスパイラルに入ってしまいました。
日銀の利下げも喫緊の課題でしょうし、国外からもその圧力がかかるのは当然です。


 18日の東京外国為替市場は、米国の景気減速懸念の高まりからドルが売られた。円相場は一時、前日午後5時比51銭円高・ドル安の1ドル=96円86銭をつけた。正午時点は、同29銭円高・ドル安の1ドル=97円08~09銭。米国の金融不安の高まりや、米利下げ観測の高まりからドル売りが続いている。

この危機的状況の中、日銀の後任総裁人事も決定できないなんていうのは世界の笑いものです。
しかもそれが一般市民の生活に及ぼす悪影響を考えると、
「消費者の目線」や「生活が第一」などとほざく亡国の輩には、
一日も早く政治の表舞台から退場いただきたいものです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080318-00000043-mai-brf

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。