・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三菱UFJがサブプライムローン問題で約3000億円規模の含み損を出したとのこと。
これで株価が下落するのは確実で、さらに損失が大きくなりそうですが、
市場の不安を一掃するために財務内容を公表するらしいです。
システム障害については見通しが甘かったことを認めていましたが、含み損はどうなのでしょうか。


 米低所得者向け高金利住宅ローン(サブプライムローン)問題をきっかけにした国際金融市場の混乱で、三菱UFJフィナンシャル・グループ(FG)が保有する証券化商品の含み損が3000億円規模に達したことが13日分かった。20日発表する08年3月期決算で公表する。

 三菱UFJはこれまで、サブプライムローンを担保にした証券化商品だけで08年3月期に950億円の損失が確定すると公表してきた。だが、サブプライム以外の資産を担保にした証券化商品にも価格下落が波及したため、追加損失の恐れがある含み損として公表する。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080514-00000011-mai-bus_all


3000億円もの損失が出たとしてもここの頭取は引責辞任なんてしないのでしょうね。
まぁみずほ銀行も三井住友銀行も同じ穴のムジナですけど・・・。

スポンサーサイト

TOP株式 | Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。