日銀の白川総裁が日本の経済は減速との見解を示す・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日銀の白川総裁が日本の経済は減速との見解を示す


サブプライムローン問題は山を越したというようなことをブッシュ大統領が言っていましたが、
そんな世迷いごとを信用する人はほとんどいないのではないでしょうか。
任期切れが間近ゆえ、北朝鮮のテロ指定国家解除やこういった発言も含め、適当極まりない感じがします。
そんな中、日銀の白川総裁が景気停滞に言及しています。


 白川総裁は、国際金融資本市場について「米サブプライム住宅ローン(信用度が低い借り手向け住宅ローン)問題に端を発した不安定な状況が続いている」と指摘。米国についても「経済は停滞しており、金融市場・資産価格・実体経済の負の相乗作用が、いつ、どのように収束に向かうのか、不確実性が大きい」と警戒姿勢を崩さなかった。

 さらに「国際商品市況の高騰が続くなど、世界的にインフレ方向のリスクは高まっている」とも付け加え、「海外経済や国際金融資本市場をめぐる不確実性、エネルギー・原材料価格高の影響などに、引き続き注意する必要がある」と繰り返した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080707-00000019-reu-bus_all


原油の高騰でどの企業も悲鳴を上げていますが、やはり国民へのしわ寄せが大きく思います。
本格的なスタグフレーションに突入したということなのでしょう。


株 初心者
レディー スローン 審査

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。