消費者金融が審査厳しくすると闇金が盛り上がる?・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

消費者金融が審査厳しくすると闇金が盛り上がる?


消費者金融生き残りをかけて必死になっていることが分かる記事です。
グレーゾーン廃止の貸金業法改正で、消費者金融が焦げつきを回避するために、
融資の審査をかなり厳しくしているようですが、銀行じゃぁないのですし、貸し渋りはないでしょう!
グレーゾーンが相当美味しかったのでしょうねぇ。


 大手消費者金融4社に新規の融資を申し込んでも、審査の結果断られるケースが急増している。貸金業の上限金利が2009年にも現行の年29.2%から20%に引き下げられるため、経営環境の悪化をにらみ、各社とも審査を厳しくして焦げ付きリスクが低い融資にシフトしているためだ。大手消費者金融の融資拡大路線の見直しが鮮明になってきた。

 アイフル、アコム、武富士、プロミスの大手4社の1月の新規融資申込者は計13万6000人。このうち審査を通過して実際に融資を受けた人の比率を示す「成約率」を見ると、4社の平均は前年同期比19.4ポイント低い44.1%に落ち込んだ。76000人が門前払いされた計算だ。特にアイフルの成約率は36.0%と同34.1ポイントも低下。貸出先を厳選した跡がうかがえる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070312-00000067-jij-bus_all


消費者金融に行って門前払いされた人というのは闇金にでも行くのでしょうか?
分かりませんが、消費者金融業界も曲がり角に立っているのかもしれませんね。

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。