NYダウが今年2番目の下げ・・・でも前回とは事情が違う!・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NYダウが今年2番目の下げ・・・でも前回とは事情が違う!


またもや株価の下落ですが、中国市場など外部要因に影響を受けた前回の急落とは訳が違います。
今回は住宅ローンの不良債権問題というアメリカ自体の問題なのです。
貸し手の金融機関に対する経営不安に加え、住宅市場へのマイナス影響や、
経済全体に及ぼす影響への不安が増大したようです。


 13日の米株式市場は、信用度の低い顧客に高金利で住宅資金などを融資する「サブプライムローン」をめぐる懸念を背景に、住宅市場冷え込みの影響が経済全体に波及するとの不安から金融株を中心に急反落した。

 優良株で構成するダウ工業株30種平均は前日終値比242.66ドル安の1万2075.96ドルと、今年2番目の下げ幅で終了。ハイテク株中心のナスダック総合指数も51.72ポイント(2%強)安の2350.57で取引を終えた。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070314-00000016-jij-int


株式市場の混乱が長期化しそうな予感がします(汗)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。