堀江貴文被告を司法が断罪!実刑判決下る・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江貴文被告を司法が断罪!実刑判決下る


IT時代の寵児とも言うべき堀江貴文被告に、司法は厳しい刑罰を下しました。
執行猶予がつくものと多少は思っていましたので、厳しいという表現を使いましたが、
犯した罪を振り返ると確かに悪質であることには違いありませんし、堀江貴文には多額の財産が残り、
株主は全てを失った訳ですから、妥当な量刑なのかもしれません。


 証券取引法違反(偽計・風説の流布、有価証券報告書の虚偽記載)に問われたライブドア(LD)前社長、堀江貴文被告(34)に対し、東京地裁(小坂敏幸裁判長)は16日、懲役2年6月(求刑・懲役4年)の実刑判決を言い渡した。
 事件では、前社長やナンバー2だった前財務担当取締役、宮内亮治被告(39)らLD元幹部5人と、監査を担当した公認会計士2人の計7人、LDと関連会社ライブドアマーケティングの2法人が起訴されたが、判決は前社長が初めて。前社長は捜査段階から一貫して無罪を主張していた。
 公判では▽事件は前社長の主導か▽投資事業組合(ファンド)を介した自社株売却益の売上高計上は可能か▽前社長が粉飾を指示したとの宮内被告の証言は信用できるか――などが争点となった。

 検察側は「宮内証言」は信用できるとしたうえで、事件はすべて前社長が主導したと位置付け、粉飾も指示したと主張。ファンドはダミーで、自社株売却益は資本に計上すべきで売上高計上は違法と強調していた。
 これに対し前社長側は、ファンドには実体があるため、自社株売却益はファンドからの配当に当たり、売上高計上できると反論。宮内被告は自らの横領疑惑に捜査が及ぶことを恐れ、検察と取引して「堀江主導」を証言したと主張していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070316-00000023-mai-soci


堀江貴文被告は「無罪でない限り上告する」と言っていましたので、この裁判は長引きそうですね。
それにしても堀江貴文被告は株主に対して謝罪の気持ちというのはどれほどのものなのでしょう。
はっきりと明言してもらいたいものです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。