堀江被告の暴言に株主が抗議声明・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀江被告の暴言に株主が抗議声明


堀江貴文被告が実刑判決を受けた後にアチコチのテレビに出演していたのには驚いたけど、
番組の中で、「証券取引法違反ということで、被害者は基本的にはいない」とハッキリ言ってましたね。
ワタクシはライブドア株は手を出さなかったので、どうってこともないのですが、
さすがに堀江貴文被告の株主をバカにした態度はカチンときました。


 東京地裁で実刑判決を受けたライブドア前社長・堀江貴文被告(34)が18日に出演したテレビ番組で、「証券取引法違反ということで、被害者は基本的にはいない」と発言したことについて、ライブドア事件で損害を被ったとして堀江被告らに損害賠償を求めている株主ら原告側の弁護団と原告連絡会は19日、抗議声明を出した。

 声明によると、番組では、堀江被告のほか、主任弁護人も「被害者という言葉の使い方がおかしい。米国には証券詐欺罪があるが日本にはない」などと発言。声明は「原告には年金をライブドア株に投資して一瞬のうちに紙切れにされた者も多い。弁護士の発言は現実を見ない暴論だ」などと批判している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070319-00000204-yom-soci


堀江被告は恐らく株主に対して謝罪もしていないのですから、弁済などするつもりはないでしょう。
でもこんな発言をしていたら、株主の怒りはいつか爆発してしまうのではないでしょうか。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。