多重債務110番--埼玉司法書士会・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多重債務110番--埼玉司法書士会


貸金業法が成立し、消費者金融の甘い汁、出資法の上限金利(年29・2%)が、
利息制限法の上限金利(同15~20%)に引き下げられることが決まったとは言え、
まだあと3年もあることを踏まえ、埼玉司法書士会による、
「司法書士による全国一斉多重債務110番」が開催されるという記事を読みました。
このような記事は地方版に掲載されるので、気になる方はチェックしておくか、
もしくは地元の司法書士会や役所に電話を入れると予定などを教えてくれます。


 埼玉司法書士会は24日、「司法書士による全国一斉多重債務110番」を開催する。さいたま、熊谷、越谷、所沢の4市の同会総合相談センターで無料の面談相談を受け付け、電話相談も行う。
 06年12月に貸金業法が成立し、出資法の上限金利(年29・2%)が利息制限法の上限金利(同15~20%)に引き下げられることが決まった。しかし実施は約3年後のため、同会によると、05年の全国の自己破産申し立て件数は18万4422件に上り、利息制限法の上限を超す高利に苦しむ多重債務者は増える可能性が高いという。同会の長田悦子司法書士らは「一人でも多くの被害者の生活を立て直せるよう相談を受け付けたい」と話している。
 電話、面談相談ともに24日午後1時~同4時、無料。電話相談は048・710・5538(相談専用)。面談相談は同会浦和相談センター(さいたま市浦和区高砂3、埼玉司法書士会館内)などで。面談の予約などは同センター(048・838・7472、平日午前10時~午後4時)。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。