832兆円は「国の借金」ではなく「官公庁の借金」・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

832兆円は「国の借金」ではなく「官公庁の借金」


国債と政府の借入金などの合算で、3カ月ごとに公表している国の債務残高が、
2年連続で800兆円を超え、国民一人あたりの借金が651万6000円になったそうです。
日本は世界でもまれに見る借金大国となっているのですが、
官民ともに危機感がないところに日本の真の危機があると思うのですが・・・。


 財務省は23日、国債や借入金などを合計した「国の借金」が2006年末時点で832兆2631億円に達したと発表した。前回公表した同年9月末に比べて4兆3465億円増加し、過去最大を更新した。総務省が推計した最近の人口(1億2772万人)に基づいて試算すると、国民1人当たりの借金は651万6000円に上る。

 政府は07年度予算案で、借換債などを含めた国債の発行総額を06年度当初比で過去最大となる21兆6000億円減らし、143兆8000億円に抑えた。しかし、借金残高は05年末から1年間で約19兆円増えており、膨張に歯止めが掛かっていない。今後長期金利が上昇すれば利払い負担が増えるため、政府にとって財政健全化が急務の課題となる。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070323-00000108-jij-pol


これは国の債務と言うより、官公庁が勝手に借金したと言うべきものではないのでしょうか?
公僕以外の国民は、誰一人としてワケも分からぬ借金をしてはいないですよ。
公僕のムダをなくさない限り、これ以上の税金を払う気はしません。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。