日興コーディアルの旧経営陣への刑罰・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日興コーディアルの旧経営陣への刑罰


日興コーディアルグループの粉飾決算問題は、
ライブドア事件など子供のいたずらに思えるほど悪質なのではないか。
旧経営陣は自らの収入を得るために、
粉飾決算を行っていたと言われても何ら反論ができないと思う。

しかし有村純一ら旧経営陣の記者会見は反省の念などまったく感じられない、
投資家だけではなく、社会全体をなめているようなものであった。
そして旧経営陣は訴えられることになったけど、
その内容は以下のニュースで紹介します。

 日興コーディアルグループは24日、不正会計問題に絡み、有村純一前社長ら旧経営陣3人に対し、計30億円規模の損害賠償を請求する方針を固めた。不正に関与した旧経営陣の責任追及の姿勢を明確にし、新経営陣により市場の信頼回復を急ぎたい考えだ。

 損害賠償の対象になったのは有村前社長のほかに、グループ傘下の投資子会社で不正会計の舞台となった日興プリンシパル・インベストメンツの平野博文前会長、日興コーディアル証券の山本元・元常務(当時のグループ財務部門執行役員常務)の旧経営陣。

 日興の不正会計問題をめぐっては、特別調査委員会が1月に、旧経営陣の不正関与を認定する調査報告書を公表。このため日興は「責任追及委員会」を設置し、法的対応を検討してきた。

 その結果、有村前社長は不正会計問題に対する重大な経営責任があり、平野前会長については、書類改竄(かいざん)などの不正行為を主導する立場にあったと判断。山本元常務も積極的に関与したと判断したようだ。

 日興は、今月末までに平成17年3月期などの有価証券報告書の訂正報告書を提出。東京証券取引所は、それらを精査し、3月中旬をめどに監理ポスト入りしている日興株について上場維持するか、廃止するかを決める。

聞けば彼らは皆、年収1億以上はあったとのこと、しかも退職金に至っては・・・。
金のために魂を売ったバカどもは全財産没収、市中引きずり回しの上、
日興コーディアルの前でフンドシ一丁で生きたまま磔刑にするべきと思います(怒)

(引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。