阪急・阪神が10月1日に経営統合!業界再編が加速!!・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪急・阪神が10月1日に経営統合!業界再編が加速!!


阪急百貨店と阪神百貨店の経営統合が発表されました。
先日の伊勢丹と東急百貨店の業務提携など、これからしばらく百貨店業界から目が離せません。

 百貨店業界の再編が加速してきた。7位の阪急百貨店と阪神百貨店は26日、今年10月1日に経営統合すると発表。持ち株会社「阪急百貨店・阪神百貨店ホールディングス」(仮称)を設立し、傘下に両百貨店が入る。ブランドはそのまま残し、商品の仕入れや物流の共同化などでコスト削減を図る。

 また、5位の伊勢丹と9位の東急百貨店が業務提携することが26日、分かった。両社と東急百の親会社の東京急行電鉄が27日の取締役会で正式決定し発表する見通し。商品企画や開発を共同で行うほか、顧客や商品情報を管理する情報システムを統合する。東急百は伊勢丹から役員級の幹部の派遣を受け入れ、商品の企画力などに優れる伊勢丹のノウハウを取り込み業績の改善を図る。伊勢丹は提携により仕入れなどの規模を拡大し、商品調達力をさらに高めることを狙っている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000003-fsi-bus_all


業務提携や経営統合など、これからも再編は続くと思いますが、
消費者にとってプラスになるものであってもらいたいですし、
株主にとってもメリットのある形にしてほしいですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。