ペンタックス、HOYAとの合併計画で内紛 社長が辞任へ・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンタックス、HOYAとの合併計画で内紛 社長が辞任へ


ペンタックスの浦野社長はHOYAとの合併をめぐる経営内部の混乱を受け、
10日の臨時取締役会で辞表を提出する考えを明らかにしていましたが、
6月の株主総会までは取締役にとどまる意向なのでしょうか・・・。


 精密機器大手ペンタックスの浦野文男社長(63)が近く辞任することが9日、明らかになった。

 光学ガラス最大手のHOYAとの合併計画を巡って取締役会が分裂し、浦野社長が進めてきた合併構想が撤回される責任を取る。10日にも辞意を表明し、後任社長には、綿貫宜司取締役上級執行役員(54)が就く見通しだ。

 HOYAは9日にも臨時取締役会を開き、合併撤回と、ペンタックスへのTOB(株式公開買い付け)実施を決議する方針だ。これを受け、ペンタックスは10日にも臨時取締役会を開き、TOBへの対応を議論する予定だ。ただ、合併に反対する役員が多数を占めており、TOBへの反対が決まり、HOYAによるTOBが敵対的TOBとなる可能性が高くなった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070409-00000002-yom-bus_all


ペンタックスの取締役会が事実上分裂してしまったということは、
HOYAによる敵対的TOBになるのはほぼ間違いないでしょうね。
さてペンタックスはどうでるのやら・・・。

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。