東京海上日動 保険金不払いで石原社長退任へ・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京海上日動 保険金不払いで石原社長退任へ


金融庁から保険金不払いで業務停止命令という重い行政処分を受けた、
東京海上日動火災保険の石原邦夫社長が退任するようですね。
引責辞任という形で経営責任を明確にするということなのでしょうが、
なぜそうなってしまったのかが今ひとつ分からないと考えている人も多いのではないでしょうか。


 ミレアホールディングスと傘下の東京海上日動火災保険の石原邦夫社長(63)は7日、6月末にも退任する方針を固めた。同社は保険金不払いで金融庁から業務停止命令を受けており、事実上の引責辞任となる。これに伴い、兼任するNHK経営委員長も辞任する方向で調整している。

 東京海上日動は3月、医療保険など第3分野商品で1190件の保険金不払いが判明し、金融庁から一部業務停止命令を受けた。また、これまでに自動車保険などの保険金不払いで8万4785件、火災保険の保険料取り過ぎ2万6979件が社内調査でそれぞれ判明している。このため、石原社長が引責辞任することで、経営責任を明確化する方向だ。

 東京海上日動では金融庁に対する業務改善計画の提出期限である13日にも経営体制を刷新するトップ人事を発表する見通しだ。後任社長には隅修三専務(59)の名が浮上している。

 石原社長は平成13年6月、東京海上火災保険(現東京海上日動火災保険)の社長に就任。14年4月には持ち株会社であるミレアホールディングスの発足に合わせて社長を兼務。昨年9月から日本損害保険協会の会長にも就任し、一連の保険金不払い問題の処理にあたってきた。

 ただ、同社の保険金不払いは損保業界で最大規模に達しており、石原氏の辞任後の処遇次第では批判が続く事態も予想される。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000000-san-bus_all


東京海上火災日動火災保険に限らず、大手の企業の社長が引責辞任しても、
ほとぼりが冷めた頃にはまたどこかのポストにちゃっかり収まっているのが慣習です。
企業モラルという言葉はもう通用しない世の中になったのでしょうかねぇ・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。