三井住友銀行の大問題・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三井住友銀行の大問題


三井住友銀行も合併する前に互いの財務内容を調査しているはずだろうし、
ダブルチェック以上に精査したのだろうとは思うのですけど、それでもこの体たらくですからね。
大手銀行ゆえに身動きが取りづらかったのでしょうか。


 三井住友銀行は10日、91~01年に融資先1366社から貸出金利を総額15億2300万円取りすぎていたと発表した。金利を本来より少なく取っていた融資先も94社、総額2600万円あった。合併前の旧さくら銀行でコンピューターシステムの入力ミスがあり誤った金利が適用され、昨年7月に日銀が5年半ぶりにゼロ金利政策を解除した翌月、金利変更の作業中に発覚した。三井住友は取りすぎた金利に遅延損害金総額4億円を加えて融資先に返還する。少なく取っていた融資先から不足分は徴収しない。

 7年半にわたり計9600万円を過大徴収された会社もあった。過去に取引はあったが現在は融資していない1万2000社からも誤った金利を取っていた可能性があり、金額はさらに増える見込み。フリーダイヤル(0120・121・481)で11日から問い合わせに対応する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070410-00000105-mai-soci


三井住友銀行と取引していて、返済不能で倒産した会社とかあったら一体どうするのでしょう。
責任の所在ははっきりしていますけど、ちょっと気になるところですね。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。