日興コーディアルに再びトンデモ疑惑・株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日興コーディアルに再びトンデモ疑惑


日興コーディアルに憤りを感じている人はかなりいると思います。
私もその一人であるのは言うまでもありませんが、
さらに憤りを通り越して唖然呆然としてしまうような疑惑が持ち上がりました。


 上場廃止に向け、最終調整が進む日興コーディアルグループ。廃止のきっかけとなった不正会計問題では、昨年12月から1月にかけて2回も決算修正を行ったが、なおも1000億円規模の損失が隠されている疑惑が残されている。

 日興問題の追及で独走しているジャーナリストで夕刊フジコラムニストの町田徹氏はあす3月1日に発売される月刊『現代』4月号で、「新疑惑浮上! 1000億円特別損失の『無反省』」とするリポートを発表する。

 日興の子会社「日興プリンシパル・インベストメンツ(NPI)」は2004年夏以降、子会社の「NPIホールディングス(NPIH)」を通じて、コールセンター大手「ベルシステム24」を買収した。その過程で、NPIHがNPIにベル社株を使った債券(EB債)を発行。その債券の発行日を操作し、不正に水増しした利益を連結決算に取り込む一方、NPIH側に発生した損失は日興グループの連結から外す「いいとこ取り」を行っていた。

 日興は昨年12月、証券取引等監視委員会の指摘を受けて05年3月期の利益水増しを一部認め、決算を訂正した。

 これに対し、町田氏は同誌3月号で、「06年3月期にも約300億円の利益水増しがあった」ことなどを指摘。

 この利益水増しについては日興も認め、1月に2回目の決算訂正を行った。

 さらに町田氏は同誌の最新リポートで、NPIHが完全子会社化したベル社と、ベル社が以前買収したコールセンター会社「BBコール」をそれぞれ日興コーディアルグループの連結対象に加えていない点を問題視。「ベル社の純資産額は簿価から7割以上、BBコールも6割以上下落しており両社の株式は減損処理(別項参照)の対象となる。帳簿価格との差は2社合計で1071億円」(町田氏)と指摘している。

もしこれが事実なら日興ケーディアルの旧経営陣は切腹ものですよ。
投資家、経済界を馬鹿にしているだけでなく、下をコキ使って、
自分たちは甘い汁をすするという図式以外の何物でもなく、
一番不幸なのは会社のためになどと考えて働いてきた社員に他なりません。
それにしても日興コーディアルの旧経営陣、史上最悪かもしれませんね。

(引用:iza

スポンサーサイト
Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。