株式市況・株式投資・株式新規上場・金利・FX・投資信託・為替など、企業の動き経済の動きをお報せます!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ドル100円割れは仕方がない・・・


アメリカの景気後退は深刻になってきました。
また追い討ちをかけるかのように米投資大手子会社の資金ショートしたという話もあり、
後になってS&Pが世界の大手金融機関のサブプライム問題処理にめどがついたと発表しましたが、
アメリカ経済が悲鳴はまだ続きそうというのは誰もが思うところです。


  14日朝の東京外国為替市場のドルの対円相場(気配値)は、米株式市場の落ち着きやドル急落スピードに対する警戒感からドルが買い戻され、1ドル=100円台後半の水準で推移している。午前9時現在、1ドル=100円69―72銭と前日(午後5時、100円17―20銭)比52銭のドル高・円安。

続きを読む

ベスト電器、さくらやを完全子会社化


家電量販店業界はその数からいって、供給過多という側面はありましたが、
ベスト電器によるさくらやの子会社化は、業界の合従連衡を加速させるかもしれません。


 ベスト電器<8175.T>は10日、さくらや(東京都新宿区)の全株式を取得し100%子会社化すると発表した。10日付でフェニックス・キャピタルが所有するさくらやの全株式(所有割合60%)を取得する。

続きを読む

新東京銀行の経営責任は追求してもらいたい


東京都民銀行ともいうべき新東京銀行の融資先が開業以来の累積で、
約2300社が破綻し、285億が焦げ付いているということが発覚しました。
石原都知事の肝いりで始められた新東京銀行の今後はどうなるのでしょう。


 経営が悪化している新銀行東京(千代田区)の融資先企業のうち、2005年4月の同行開業から今年1月末までに約2300社が経営破綻(はたん)し、累計で約285億円が焦げ付いていることが8日、分かった。

続きを読む

米シティグループ 従業員3万人を超すリストラ


先行きの見えない泥沼サブプライムローンの焦げ付き問題で、
先日のアメリカのニュースでは世界で20兆円の損失が出ていると言っていましたが、
米シティグループもいよいよなりふりかまっていられなくなっている様相です。


 米経済ニュース専門テレビ「CNBC」は4日、米銀行最大手のシティグループが今後1年~1年半の間に、海外拠点も含めた従業員約37万人のうち3万人超の削減を検討していると報じた。

続きを読む

国内最大のカード・信販グループが誕生!


カード・信販会社は利息制限法の年20%の上限金利を超える過払い利息の返還請求の急増などで、
業績不振が続いているのはいずこも同じで、三井住友FGであっても変わらないでしょうし、
特にサブプライム問題で抱えている火種は、これからまだくすぶり続けていくと思われます。


 三井住友フィナンシャルグループ(FG)が、傘下の三井住友カードと流通系大手のオーエムシー(OMC)カード、信販大手のセントラルファイナンス、クオークの4社の経営統合に向け、最終調整に入ったことが28日、明らかになった。来年3月にも統合する方向で、三菱UFJニコスを抜き、国内最大のカード・信販会社が誕生する。

 改正貸金業法の改正で貸出金利の上限が引き下げられるなど経営環境が悪化しているため、グループのカード、信販会社の経営を統合して事業基盤の強化につなげるのが狙い。それぞれのブランドは残す見通しだ。

続きを読む

デイトレーダーは「バカで浮気で無責任」 というコイツこそがバカ!


米投資ファンドのスティール・パートナーなどの外資のハゲタカを指して言っているところもあるようですが、
現役の経済産業省の次官がこういう発言をしてはいかんでしょうねぇ。
だいたいデイトレーダーが株主総会に出るとは思えないのですが、
それを踏まえての発言ならば救いようがないですね、この御仁は・・・。


 経済産業省の北畑隆生事務次官が2008年1月25日に行った講演で、インターネットで短期的に株売買を繰り返すデイトレーダーや投資ファンドについて「最も堕落した株主」「バカで浮気で無責任」などと発言し、物議をかもしている。北畑事務次官は2月7日の定例会見で反省の弁を述べ、また経済産業省は8日、ホームページ上に北畑次官が講演した講演録を掲載し、「次官の真意はこれを読んでもらえればわかります」と取り繕うが、波紋が広がっている。

続きを読む

米ゴールドマン、過去最高益で一人勝ち!?


サブプライム住宅ローン問題が深刻化する前の段階で、
リスクの高い住宅ローン担保証券(RMBS)の下落を予測し、
「逆張り」投資を行った米証券大手ゴールドマン・サックスが、
巨額の利益を上げたと報じられていましたが、まさに驚きの結果です。


米証券大手ゴールドマン・サックスが18日発表した2006~07年度(06年12月~07年11月)決算によると、純収入が前年度比22%増の459億8700万ドル、純利益は22%増の115億9900万ドルに達し、いずれも過去最高を更新した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071218-00000212-jij-int

Copyright © 株式・投資・マネー流転の世界 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。